システム開発 および ヘルスケアソリューションの株式会社エヌ・エイ・シー

健康データ統一サービス

サービス概要

~健診結果統一のワンストップサービス~

従業員の健康管理のために、健診管理システムを活用しようとしても、紙の結果票しか入手できなかったり、実施機関毎にバラバラなフォーマットでデータが提供されることで、お困りではありませんか?

健診データ統一サービスでは、ご利用の健診実施機関でデータ提供が可能か否かの調査から、提供されるデータの内容確認、紙の健診結果からのデータ化を実施し、最終的に同一形式によるデータ提供を実現します。

健診データ統一サービスの特徴

1)データ提供可能かどうかを調査します。

 データで提供されれば、健診結果票からデータ入力する場合に比べて、コスト削減が可能です。御社に代わって、健診実施機関に問い合わせします。

 

2)提供されるデータ内容を確認し有効活用します。

 各健診実施機関から提供されるデータは、項目の並び順もバラバラ、データの表記方法もバラバラです。

 データ項目の並び順から、表記方法まで全て調査し、お客様が必要な形式に整えるための調査を実施します。

 

紙の健診結果票しか入手できない実施機関も存在します。

その場合、データ入力を行い、お客様が必要な形式に整えてお届けします。

多品種少量の健診結果データを効率よくデータ化します。

健診データを活用するためには、項目の並びは勿論、データ表記内容も統一されている必要があります。

日付の書式から始まり、定性記号の表記方法や判定のつけ方まで、統一する必要があります。

データ統一の専用ソリューション「Unifier」を提供するエヌ・エイ・シーにおまかせください。

関連ソリューション

健診データ変換ツール「Unifier

当社では、健診データの管理を行なうにあたって必ず直面する「健診データのフォーマット統一」に対するソリューション「Unifier」もご用意しています。「Unifier」は健診実施機関ごとに並び順や書式が異なる健診データのフォーマットを、"手間をかけずに"、しかも"低コストで"統一できるソリューションです。

Unifierは2011年6月より提供を開始し、既に多くの大手企業様にもご採用頂いております。

健診データ変換ツール「Unifier」のページへ

こんなことは、できないのか? これが大変なんだけど…
というお声を是非お聞かせください。解決のお手伝いをさせていただきます。
  1. Unifier
  2. Unifier
  3. HDGO
  4. Unifier
  5. Lite
  6. 予測分析
  7. データ統一
  8. ロコモガード
  9. 健診データを活用した未受診者対策
  1. お問い合わせはこちらから
  1. Unifier
  2. hdgo