株式会社エヌ・エイ・シー

     
健康診断・健康管理システム、健診データ変換・統合など
ヘルスケアソリューション&システム開発の株式会社エヌ・エイ・シー(NAC)

非メタボ対策サービス

特定健診(メタボ健診)において「腹囲が基準値未満でも危険因子を持つ方」に対して個別にアドバイスシートを送るサービスです。

サービス概要

腹囲が基準値未満(非メタボ)でも危険因子がある場合には改善が必要

特定健診(メタボ健診)では腹囲の基準値がフォーカスされがちですが、 2016年6月に開催された特定健診・特定保健指導の有識者による検討会では、
「腹囲基準値未満でも、危険因子を1つ以上持つ人は、1つも持たない人と比べて循環器疾患を発症する危険性が1.9倍~2.5倍高い」
という報告がされるなど、「腹囲が基準値未満(非メタボ)でも、危険因子がある場合には改善が必要」であることが指摘されています。
エヌ・エイ・シーの非メタボ対策サービスは、「腹囲基準値未満だが危険因子がある方」に個別のアドバイスシートをお送りするソリューションです。

非メタボ対策サービスの位置づけ

非メタボ対策サービスの位置づけ


その他のコンテンツ