システム開発 および ヘルスケアソリューションの株式会社エヌ・エイ・シー

健康管理システムB-Health

サービス概要

~健診管理システムから健康管理システムへ~

健康管理システム「B-Health」は、健診の事後措置を進める企業様向けの新しいコンセプトのソリューションです。 健診事後措置、特に面談管理に重点をおいて健康増進を支援します。

健康管理システムB-Healthの特徴

誰がどんな健診を受けられるのか、お知らせするだけでも苦労されていませんか?
B-Healthでは、事前に性別や年齢など各健診の対象者の条件を設定しておくことで、ワンタッチで対象者を抽出でき、その対象者の方にその場でメールを送ったり、CSVファイルに出力したりすることができます。
直接お知らせする場合でも、外部に委託する場合でも、シーンに合わせてご利用いただけます。
また、データの登録状況により、未受診者リストもワンタッチで作成可能です。

面談の工程管理できていますか?
面談の記録は登録できても、スケジュール管理したり、日時の約束をメールしたりできないと他のツールを使う必要がでてきてしまいます。
B-Healthなら、面談の必要な人が一覧表示され、ToDoリストのように管理することができます。
更に、面談の結果、今回の面談で終了して良いのか継続するのかを登録できますので、事後フォローが確実になります。
ひとりひとりの状態を大切に管理し、漏れの無いフォローアップを実現します。

もともと健康リスクのある方にとって、過重労働は更なるリスク要因となります。
健康状態を管理するためには、健診結果だけでなく、勤務状態も一緒に管理する必要があります。
勤務状態(超過時間)を取り込むことができるB-Healthなら、リスク要因を見逃しません。

関連ソリューション

健診データ変換ツール「Unifier

当社では、健診データの管理を行なうにあたって必ず直面する「健診データのフォーマット統一」に対するソリューション「Unifier」もご用意しています。「Unifier」は健診実施機関ごとに並び順や書式が異なる健診データのフォーマットを、"手間をかけずに"、しかも"低コストで"統一できるソリューションです。

Unifierは2011年6月より提供を開始し、既に多くの大手企業様にもご採用頂いております。

健診データ変換ツール「Unifier」のページへ

健診データ統一サービス

健診実施機関に依頼したとしても、健診結果は全て電子データで提供してもらえるとは限りません。どうしても紙の健診結果が残る場合もあります。「紙の健診結果もできるだけ低コストで電子データ化したい」とお考えでしたら、是非お問い合わせください
健診データ統一サービスのページへ

こんなことは、できないのか? これが大変なんだけど…
というお声を是非お聞かせください。解決のお手伝いをさせていただきます。
  1. Unifier
  2. Unifier
  3. HDGO
  4. Unifier
  5. Lite
  6. 予測分析
  7. データ統一
  8. ロコモガード
  9. 健診データを活用した未受診者対策
  1. お問い合わせはこちらから
  1. Unifier
  2. hdgo