システム開発 および ヘルスケアソリューションの株式会社エヌ・エイ・シー

導入事例

健診データ管理システム「Lite」

従業員の健康増進のために

SC社 基本パッケージ + 面談記録機能 + 様式6号直接印字 + 判定ルール変更
  • 面談準備にかかる時間を短縮

    従来は、突然面談を希望する方が来訪されると、過去の健診結果を探したり、過去の面談記録を取り出したりするために、面談を始めるまでに15分ほどかかっていましたが、Liteを導入してからは、お待たせすることなく、面談を開始することができるようになりました。
    また、面談時に提出された診断書等の書類もPDF化して一元管理できますので、以前の面談の際にどのようなやり取りをしたのかが簡単に確認できるようになりました。

  • 判定ルールをカスタマイズ

    Liteは標準では、人間ドック学会の判定基準による判定を付与される仕組みがありますが、これをカスタマイズして、弊社独自の判定を実行できるようにしました。様式6号の集計で使われる、有所見者や医師の指示にあたる方の判定を、今まで通りの基準で判定すると同時に、面談対象になる人を簡単に抽出できるよう、面談対象候補者の識別を追加し、これを検索して、面談対象に設定することができるようになりました。

SH社 基本パッケージ + 原本連携機能
  • 健診結果データと原本を連携

    通常は、データの管理と結果票現本の管理は、別に行われることが多いのですが Liteではデータと原本を連携して管理することができます。
    原本はイメージ等の改ざんできない形にすれば、電子化しての管理が可能になります。その場合は、本社一括管理も可能となり、監査等で必要な場合に、当該事業所のデータが即時確認できる環境さえ整えておけば、各事業所で原本を管理する必要がなくなります。機微な個人情報を管理する手間を省力化できようになります。
    産業医から、面談の際に、過去の健診結果を用意しておくように指示されても、データを検索して、対象の方の結果票PDFを簡単に呼び出すことができますので、業務の効率化にも繋がります。
    また、生命保険の加入に際して、健診結果票が必要との理由で結果票のコピーを希望されるようなシーンでも、即座に対応することができるようになりました。

  • 医療機関調査

    弊社は、全国に拠点があり、全体で100以上の医療機関と契約をしていますが、導入時に各医療機関からデータ提供が受けられるかの調査を含めて実施していただきました。通常業務をしながら、医療機関に問い合わせを行い、サンプルデータを取り寄せて確認するのは、とても大変なことですので、代行して貰えて、大変助かりました。
    データ化にも費用がかかりますので、データで入手できるものは極力データで入手することで、運用コストも軽減できましたし、データ生成時の間違いを減らす効果もあります。

SB社 基本パッケージ + 様式6号直接印字 + カスタマイズ
  • 関連会社も含めて一括管理

    弊社には、数多くの関連会社が存在します。これを一括して管理する必要があるのですが、Liteでは、サブライセンス料が必要になるものの、安いコストで、多くの関連会社を管理することができます。
    利用者の権限設定も可能で、特定の事業所だけが見れる人、特定の会社だけが見える人、全体を見える人 のように権限を設定することもできますので、個人情報保護の観点からも安心して活用することができます。
    管理すべき対象者数が多いので、人事の基幹システムから夜のうちにデータを出力し、これを自動で取り込む仕組みを開発して貰いました。

    データの取込みも自由度が高いので、健診結果を登録した後で、産業医判定を追加登録しています。健診結果と産業医判定が一元管理できるようになり、とても助かっています。

  • カスタマイズで健診予約管理システムを構築

    健診の予約状況を管理するシステムと連携させ、健康管理と受診率向上のためのシステムとして活用しています。 予約管理では、転勤した方の予約が元の勤務地近くに残ったままになっていないか等のチェックもできるようにしています。

  • 様式6号の直接印字

    関連会社も含めて80事業所程度の報告書を作成しなければなりませんので、今までは、提出前の約1ヶ月は残業続きで苦労していましたが、Liteを導入してからは簡単な操作で出力できますので、残業する必要もなくなりました。

TY社 基本パッケージ + 面談記録
  • 特殊健診のデータも一元管理

    弊社では、特殊健診も実施しています。そのため、特殊健診結果も一元管理する必要がありました。ただ、特殊健診の健診項目は一般の健診とは異なりますし、定期健康診断の結果を見るときには、邪魔になることもあります。その点、Liteでは、簡単に表示項目を切り替えたり、表示する健診種別を選択したりできるようになっています。
    見たい情報を見たい形で表示できるので、業務がとても効率的に実施できます。
    また、特殊健診のデータと定期健康診断の結果は項目の数も全く違いますが、Liteは、固定のフォーマットにこだわる必要がないので、必要なデータを簡単に取り込むことができます。

    項目の並び順も簡単に変更して、登録することができますので、必要な環境を簡単に構築できます。将来的には、ストレスチェックの項目も一元管理したいと考えています。